ココリッツ オーナー
速読プラス オーナー 木村 敦
趣味 献血、安くて美味しいもの巡り、神社参拝
大切 家族、子供、スタッフ

コロナが騒がれている中で、この時期にオープンするのは無謀だと、多くの友人から言われてきました。確かにその通りだと、思います。

しかし私には、この時期だからこそ開くべき理由がありました。

ココリッツには、私の願いが込められています。

コロナによって多くのお店が潰れました。

多くの人が職を失いました。

多くの人が元気をなくしました。

速読教室を経営していた私も、当然のように経営は危機的状況に陥りました。

閉店した方がいいんじゃないかと、何度も考えました。

ピンチを感じてから1ヶ月くらいは、毎日毎日焦っていました。

これからどうしよう。

売り上げもないから生活が困るんじゃないか。

1歳になったばかりの子供もいる・・・

頭の中は、不安で埋め尽くされてしまいました。

すると、何をしても無駄だろうな、と思うようになり、全く動けない状況に。

速読の広告をしたところで、こんな中で新規の方が来るわけがない。

起きてニュースで感染者の数を見て、ごはんを食べて、頭の中では不安と戦って、寝る。

もう、ニートのような生活です。

そんな中で、2人目の妊娠が発覚。

自分自身に問いかけました。

「自分の姿を子供に見せて、どんな父親と言われたいんだ?」

こんな姿は見せたくない。

どんな状況でも、不安を抱えながらも、前に進む姿を見せたい。

そう思った時、私がとったのは、早朝4時から行動することでした。

とにかく、動こう。

家だと確実に2度寝するから、24時間開いているカフェに入り浸りました。

だけど1人だと続けられない確信があって、友人を誘いました。

彼は悪ノリで、乗っかってくれました。

約束した手前、お互いがサボれない状況に。

いつもは3日坊主までも届かない私が、2週間毎日通い続けることができました。

気付いたら、今まで3年ほど先延ばしにし続けた仕事が、あっという間に終わっていました。

そうなった時、ふと私の頭の中にアイデアが浮かんだんです。

2020年10月11日のこと。

仲間と仕事ができるカフェを開きたい。

明らかに無謀なのは理解していました。

お金もないし、経験もないし、飲食店の経験もないし、場所も持ってない。

経営者の友人に相談しても、「やめとけ」の一点張り。

そりゃそうです。私もそれはわかっている。

だけど、私の心の中で何かが私を突き動かし続けました。

今、世界中が冷え込んでる。

みんなが、先が見えない状況に陥っている。

その中で無謀と言われながらもスタートして、

もしそれが軌道に乗った時、その姿を見たみんなは、どう思うだろう?

「あのニートだった木村でもできたんなら、私だってできるんじゃないか」

って、勇気をプレゼントすることができるんじゃないだろうか。

そう思うと、無理をしてでも走ってみたくなった。

そこから夢中で走り続けました。

あんなに落ち込んでいた自分が嘘のように、未来をみた瞬間から、自分の気持ちが輝くのが自分でもわかりました。

なぜあんなに私は変化できたのか?と思うと、

私には環境が足りなかっただけなんだ

ということを感じます。

数ヶ月前、何の気力もなく、自堕落に生活していた私。

コロナの中で、私と同じような人が、確実に大勢います。

もしかしたらその人も、環境がないだけかもしれない。

そんな人を1人でも勇気付けたい。

こんな願いを込めて、ココリッツがオープンしました。

2020年12月21日のこと。

構想からわずか、2ヶ月。

普通は1年以上かけるのが当たり前。

あり得ない短期間。

だけど、ココリッツは、人はやればできることを証明していきます。

明日という日を明るくするために。

ココリッツ代表 木村敦